インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2005年11月28日

注目に値する「週刊文春」に掲載された新型インフルエンザ関連記事

「週刊文春」の12月1日号である。
一部の記事には、大変説得力がある。

厚生労働省予測、死者64万人のことや、WHOが発表した最悪のシナリオの信憑性の薄さに対する論証や、現在問題視されているH5型鳥インフルエンザは、新型に変異しにくいことの証明など。

さらに、ワクチンの無効性およびその副作用問題。

タミフル問題は、死に到るほどの副作用は稀にしても、肝機能障害や白血球減少など、さまざまな副作用がある危険性の指摘など、一般の人には知られていない事実がしっかり書かれている。
知っているのは薬の専門家である薬剤師、および治療の第一線に立つ医師ばかりなのである。

確かに昨年、インフルエンザの予防接種をした方で、接種後より一ヶ月以上にわたって微熱と全身倦怠感で相談に見えた方がいたし、自己免疫疾患をかかえる若い女性が、インフルエンザの予防接種を受けたあくる日に、風邪様症状に見舞われて発熱し38度弱。
この方の常用の風邪薬、銀翹散製剤と参蘇飲などの併用で治したことがあった。

ともあれ、今回発見の週刊誌記事は、参考価値の高いものである。
posted by ヒゲジジイ at 00:32| 山口 ☀| 新型インフルエンザ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする