インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2005年11月24日

風邪引きが恐い季節がもう直ぐそこまで来ている!

タイトルに続いて、だから本当に有効な風邪やインフルエンザの治療法方があれば、それが知りたい!
意外に葛根湯は効かないじゃないか、と本音ではそう思っている漢方専門薬局は多々あるはずなのである。
ところが、日本漢方の先生方は、服用方法を工夫して短期間に小刻みに云々と、ちょっと小生から言わせれば危険なアドバイスをされるかたも見受けられる。
この葛根湯の配合薬中には覚醒剤の原料ともなり得る「エフェドリン」を主成分とする「麻黄(マオウ)」が含まれているのだ。
だから、虚弱者や心臓が悪い人、高血圧の人などには、大量に服用するとトンでもないことすら起きないとも限らない。
また、これは蛇足だが葛根湯はドーピングテストに引っ掛かる。
さもありなん。やはりエフェドリンを主成分とする「麻黄」が含まれるからだ。

この麻黄も、適切な方剤に配合されて使用すれば、喘息などにもかなり有効な場合があるが、これはまた別の話である。

ともあれ、葛根湯が適応するのは、風邪引きの初期で、ぞくぞくと寒気がして、首の裏をもむと意外に気持ちい〜〜〜というときで、汗が全くない、という条件なら即服用すれば、軽い風邪ならそのまま治ってしまうだろう。
ところが、ウイルスのパワーが強いと、葛根湯で首凝りや悪寒が取れても、次の段階、咽喉腫痛に微悪寒と熱感がやってきて、最初に感じた強い寒気はなくなって、微悪寒にともなうイヤな熱っぽさ、それに咽喉が痛い!という段階である。
この時こそ、中国漢方の代表的風邪薬「銀翹散製剤(涼解楽や天津感冒片)の独壇場であるといっても過言ではない。

その詳細は、必ず日本全国の、中医学をよく勉強さている漢方専門薬局に出向いて、直接ご相談されることである。
実際には、意外に細かいテクニックがあるので、素人療法は禁物である。

いずれにせよ、そのヒントだけは、続けて本ブログで書き続けるので、むしろ専門家こそ読んで欲しいと思うくらいだ。
合併する証候によっては、他方剤をたくみに併用しなければならないことも多いのが、中医学的風邪治療漢方の難しいところだが、きちんと経験を積めば、臨機応変の配合を適切にアドバイスできるものである。


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 22:59| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。