インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2005年11月17日

冬に流行が危惧されるインフルエンザおよび抗インフルエンザウイルス剤のタミフル等の疑問点は、地元の各調剤専門薬局へ!

exclamationインフルエンザ関連の世間の関心は相当高いようです。

本ブログでも、通常の2倍のクリック数となっています。

これらに関する疑問点や不安事項の御質問は、各地元の調剤専門薬局にお問い合わせするのが、一番いいかもしれません。

小生、ヒゲ薬剤師も含め、医師・薬剤師には医師会や薬剤師会を通じて、さらには有資格者のみが得られる医薬品情報を取り寄せることが出来るし、通達も入ってきております。

不安や疑問点は、かかりつけの各病院・医院・調剤専門薬局などでお尋ねになるのが一番かもしれません。

タミフル等の抗インフルエンザウイルス剤の御質問は、やはり薬の専門家である薬剤師にさいしょに御質問なさるのが最も適切だと思います。

医薬品の専門家は、医師ではなく、薬剤師の方が専門家なのですexclamation×2


posted by ヒゲジジイ at 08:17| 山口 ☁| 抗インフルエンザウイルス剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。