インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2005年10月27日

序章(流感による40度の発熱が2日で平熱に下がった女性医師)

医師本人から直接聞いた話。

3年近く前、流感が流行った時期の冬のこと。

勤務先の病院でも、流感患者が多いが、当の医師が高熱を発した。

40度の発熱である。

もしも同僚や上司に告げれば、戦線離脱となって迷惑をかけるので、隠したまま診療を続け、漢方薬類を服用。

まず、医療用漢方では、方剤の種類が不足ゆえ、いつも常備している市販の漢方薬を利用。

抗インフルエンザ薬を一度服用したが、みながあまり効いている風には見えないので、いつものように漢方治療のみに専念。

その日の前夜に突然38度台の発熱があったので、銀翹散製剤に「板●根」のエキスを服用して寝たが、仕事中には40度になり、フラフラで頑張った。

銀翹散製剤と「板●根」エキスとともに、高熱ゆえ「地竜」を追加。咳嗽による胸痛もあり、小陥胸湯を基本とした製剤「結胸散」も追加。

次第に熱は引き始め、翌日には37.6分。

その翌日は平熱におさまるも、食事があまり取れないままの3日目は、さすがに疲れてフラフラだけが取れない。

夜間は、ようやく食事もおいしく取れた。

同僚の医師も、流感で戦線離脱が目立つ中、誰にも流感に罹っていたことを伏せたまま、その冬を終わった。

ところで、筆者は常々、若き医師たちから、

風邪や流感の漢方薬は、医療用漢方では何をどう使用すればよいのだろうか?
としばしば質問を受ける。

返事は、いつも決まっている。

ほとんど不可能に近い。なぜなら、温病関連の方剤が、ほとんど無いからだと答えている。


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:12| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。