インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2007年02月25日

10日分のカッコウショウキサンで止まった水様性の後鼻漏

 先日書いた八ヶ月前からの水様性の後鼻漏の人、前後10日分のカッコウショウキサンでほぼ完璧に消失して以後二週間経つが、廃薬後も今のところ再発は見られない。
 後鼻漏に限らず水様性の分泌物を止めるのは比較的容易なものである。

 まだ咽喉の違和感が残っているので、銀翹散製剤の微量を継続中で、この咽喉部の炎症の原因が逆流性食道炎かもしれないと外科医の指摘があり、逆流性食道炎によく効く「オルスビー」のブログの記事、
http://murata-kanpo.seesaa.net/article/33761244.html
を御覧になって、昨日三度めの来局があったばかりである。


posted by ヒゲジジイ at 01:31| 山口 | 風邪やインフルエンザの後遺症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。