インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年09月30日

同一人物で生じる燥熱症状の鼻炎と「風寒外感・湿滞内停」による多量の希薄透明な多量の鼻水の繰り返し

 人間様の身体はとても不思議な現象を起こすもので、当方の70代の漢方ファンに、燥熱症状を呈する鼻炎、つまり鼻腔周囲および内部の熱感と乾燥症状の為に、折々に辛夷清肺湯合麦門冬湯を必要とする同一人物が、突然、希薄透明な多量の鼻水症状が出現することがある。
 この多量の鼻水に対しては小青竜湯ではなく、きまってカッコウショウキサンが適応するのである。

 この逆転した症状はきまって早朝から午前中に多いが、明け方に軽度の風寒に外感したものと想像される。また、日頃から脾虚湿滞の体質であるから、明け方から早朝にかけて「外感風寒・内傷湿滞」の症状が顕著に出現してしまうようだ。
 このように脾胃に寒湿が停留しやすい体質であるにもかかわらず、肺系統は燥熱傾向が比較的強く、このために性質が相反する方剤を交互に使い分けて症状を治めなければならない。

 これが長年、常時続いているというわけではなく、年によって強弱があり、たまたま今年の夏頃から、しばらくぶりに持病が再発したといった風である。
 こまめに、必要に応じて臨機応変の使い分けをして、半年から一年も続ければ、いつの間にか再び鼻炎症状を忘れるのである。それで何年も忘れることもあれば、半年でぶり返したこともある。

 鼻炎症状というか、潜在的に蓄膿症を抱えている人は、思い出したように一生涯付きまとうことが多いようである。
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 20:31| 山口 | お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする