インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年08月04日

猛暑が続きクーラー病の風邪症候群には・・・

 猛暑が続いて職場のクーラーが何とも頼もしいが、このために空気は乾燥し、クーラーからはホコリや細菌を撒き散らされて、咽喉部が乾燥していがらっぽくなる。
 暑いので冷たいものばかり摂るので胃の動きが悪くなり食欲不振。

 なんだか夏風邪を引いたみたいで急にだるくなった。暑いけど寒い。矛盾した身体の違和感。

 銀翹散製剤を服用し、同時にかっこう正気散(カッコウショウキサン)を服用して回復した。

 ありきたりなパターンで、クーラー漬けになる夏場に最も多い。

 実は筆者の昨日の姿であった。
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 23:58| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする