インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年07月14日

風邪を引いて再発した鼻詰まりに葛根湯加辛夷川芎きゅう・味麦腎気丸製剤・ネオチクジロンの併用

 小生の薬局で、頚椎症関連以外で葛根湯系列の方剤を使用することは比較的少ないのだが、7〜8年前に、蓄膿症手術歴が一度ある男性に、寒さに遭遇すると鼻閉塞が生じるのに、タイトルのような三方剤併用で軽快していたのが、先日、風邪気味になった途端、久しぶりに再発したので同じものを求めて来局された。

 もともと蓄膿症で手術するほどだから、風邪が再発の引き金となりやすいことは当然であるが、そのような場合、いつも書いているように多くは辛夷清肺湯を主体とした方剤が中心になりやすかった。

 しかしながら、本日の男性の場合は、7〜8年前にも確かめながら六回目で漸く決まった配合であった。

 3年前にも鼻閉塞が再発した時も、同様の組み合わせで速治していたが、やや久しぶりなので、再度よく確認してみたが今回もこの組み合わせで、間違いなさそうであった。

 弁証論治の詳細は省くものの、人間様の身体の微妙さが伺える配合となっている。
 つまり、いずれの方剤がが欠けても、効果が激減してしまうのである。
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 19:13| 山口 ☀| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする