インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年05月31日

一昨日届いた某氏からのメールの一部

 昨年来の新しい常連さんの某氏からのうれしいメール
 
家内が昨日,悪寒と喉の痛みを訴えて(首の裏のコリはなし)葛根湯を飲もうとしたので,すかさず取り上げて天津感冒片と板藍根,参蘇飲を飲ませたら,今朝はよくなっていました。

 折々に当方のブログ類に目を通して下さっておられるらしく、すかさず応用されたようです。

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:42| 山口 ☀| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする