インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年05月14日

高等医薬院校教材『温病学』における「風温」

 二十年近く前の拙訳をそのまま引用するので、あまりにも訳文が硬直しているが「風温」に対する当時の中医学の教科書『高等医薬院校教材 温病学』の「風温」の記事を下記に引用する。
 
 その前に、やや紛らわしい「春温」については、昨今の教科書では「風温」と「春温」はまったく異なる概念であるが、
中医学の文献中において、春温の概念はすべて一致しているわけではない。春季の各種温病を「春温」で概括している場合がある。例えば邵仙根は《傷寒指掌》の中で“春温病は両種あり。冬に寒邪を受けて即病せず、春に至りて伏気発熱する者は、名ずけて春温と曰う。若しも春令太だ熱し、時邪を外受して病む者は、此れに感じて即発するの春温なり。”と述べているが、「感じて即発するの春温」とは実際には風温に属するものである。
とあるように、現代中医学でいう「風温」と同じものを「春温」と表現していた時代もあるということだ。

   8  風  温

  風温は、風熱の病邪を感受して引き起こした急性の外感熱病である。初期には、発熱、軽度の悪風寒、咳嗽、軽い口渇等の肺衛の症状をその特徴としている。多くは春と冬の二つの季節に発病し、冬季に発病する場合には冬温という。
  風温の名は、最初に《傷寒論》で見られ“若し発汗已みて、身が灼熱
する者は、名づけて風温と曰う”とある。しかしながら、ここで指摘されているのは熱病を誤って発汗した後の壊証に関するものである。朱肱の《傷寒類証活人書》{1107年}の中では、風温の病因は“其の人もと風に傷れ、復た熱に傷るるに因りて風熱相ハクし、即ち風熱を発す”るものであり、その症状は“脉は尺寸倶に浮、頭疼身熱し、常に自汗出で、体重く、其の息必ず喘し、四肢収まらず、〓々として但眠らんと欲す”というものであり、その治法は“治は少陰、厥陰に在り”“発汗すべからず”である、と指摘している。
  清代に至って葉天士は“風温は春月に風を受け”るものであると明確に打ち出し、風温は春季の新感温病であるとした。あとを継いで、陳平伯は風温の専門書《外感温病篇》を著わし、風温の病因、病機と証治について、系統的な論述を行った。まさに陳平伯が“風温の病為る、春月と冬季に居すこと多く、或いは悪風し、或いは悪風せず、必ず身熱、咳嗽、煩渇す”と述べているのは、本病の発生季節と初期の臨床特徴をはっきり指し示したものである。これより、風温病関係を専門に検討し、理法を詳述する。
  現代医学における流行性感冒、急性気管支炎、大葉性肺炎等は、本病の弁証治療を参考にされたい。


8.1 病因病理

  本病の病因は、春や冬に風熱の病邪を感受することである。春季は風木の時節で、気候は温暖で風が多く、陽気はのぼり、生れつき虚弱な人や生活が不摂生であると、風熱の病邪を感受して本病が形成される。このことを葉天士は“風温は春月に風を受け、その気は已に温なり”と言い、また呉革菊通は“風温は初春に陽気が始めて開き、厥陰行令し、風に温を挟むなり。”と述べている。もしも冬季の気候が常に反し、寒いはずのものがかえって温かいとき、人体の正気が不足していれば、また風熱の病邪を感受して本病が発生する。それ故、呉坤安は“凡そ天時晴燥にして、温風暖に過ぎ、其の気を感ずるは、即ち是れ風温の邪なり”と述べ、本病が“温風暖に過ぐ”の条件のもとに形成するものであることを明確に指摘している。
  風熱の病邪に外感すると、多くは口鼻から入り、肺は高い位置にあるので、まっ先にその攻撃を受ける。だから本病の初期には邪が上焦にあって手の太陰肺経が病変の中心となる。それ故、呉革菊通は“凡そ温を病むは、上焦に始まり、手の太陰に在り”と述べている。肺は気を主り衛に属して皮毛に合するものであるから、衛気は皮毛に分布している。このため、病変の初期には、発熱、悪風、咳嗽、軽度の口渇などの肺衛の証候が出現する。もしも肺衛の邪が解けないと、その進行はたいてい二つ過程をたどる。
一つは胃に順伝し、もう一つは心包に逆伝する。葉天士は“温邪は上に受け、首先に肺を犯し、心包に逆伝す”と述べ、風温の初期の病変場所と伝変法則を明確に指摘している。一般的には、邪熱が胃に順伝すると衛から気に転じ、多くは陽明の邪熱熾盛の証を呈するが、もしも邪熱が心包に逆伝すると、必ず昏迷、譫妄などの意識障害の証候が現われる。病変過程中にもしも邪熱壅肺すると、痰熱喘急が出現する可能性があり、熱が血絡に入ると、紅疹が発生しやすくなり、病が後期になると、多くは肺胃陰傷の証を呈するもので、これらも本病の特徴の一つある。


8.2 診断の要点

  @ 春冬の二つの季節に発生する外感熱病は、本病の可能性を考えなければならない。
  A 発病初期には、発熱、悪風寒、咳嗽、口渇、脉が浮などの肺衛の症状が現われ、後期には多くは肺胃陰傷を生じる。これ等が本病の主な診断根拠である。
  B 春季の春温等の病状との鑑別に注意しなければならない。春温との鑑別は春温の章で述べる。


8.3 弁証論治

  本病の治療は、初期には邪が肺衛にあるので、辛涼で宣解して邪を外に駆逐するとよい。もしも邪が気分に伝わった場合には、辛寒清熱するかまたは苦寒攻下するとよい。心包に内陥した場合には、必ず清心開竅しなければならない。本病が後期に至り、熱邪は既に退いたものの肺胃津傷が回復しない時には、甘寒で肺胃の陰を清養するとよい。葉天士は《三時伏気外感篇》の中で“此の証は初め、発熱、喘嗽に因る。首に清涼を用いて上焦を静粛す。・・・・・・若し色蒼く、熱勝り、煩渇すれば、石膏、竹葉を用いて辛寒清散す。┘症も亦当に此れを宗とすべし。若し日数漸く多くして、邪解するを得ざるは、ゴン・連にて涼膈も亦選用すべし。熱邪ダン中に逆伝するに至れば、神昏目瞑、鼻竅に涕泪無く、諸竅閉じんと欲し、其の勢い危急なり。必ずや至宝丹或いは牛黄清心丸を用うべし。病減じて後余熱あらば、只甘寒にて胃陰を清養するに足るなり”と述べている。これは本病の進行過程における各段階の治療について具体的に論述したものである。

  8・3・1 邪襲肺衛の証治{診断と治療}

  【症状】 発熱、軽度の悪風寒、無汗あるいは少汗、頭痛、咳嗽、軽度の口渇、舌苔は薄白、舌の辺と尖が紅、脉は浮数。
  これは風温の初期で、邪が肺衛を襲った証である。邪が表を犯すことによって衛気が鬱せられ、開合機能が失調するので、発熱、軽度の悪風寒、無汗あるいは少汗が現われる。衛気が鬱阻して経脉不利となると頭痛する。肺気が宣暢を失するので咳嗽が現われる。温熱の邪は容易に津液を傷つけるので、病初は軽度の口渇を感じる。ただし裏熱が亢盛で口渇がひどく水を欲しがるものとは多少異なる。風熱の邪が表にあると、舌苔薄白、舌の辺と尖が紅、脉は浮数の証が現われる。本証は外感風寒とよく似ているが、風寒が表にある場合には、必ず発熱は比較的軽く、悪寒がかなりひどい。また口渇はなく、脉は多くは浮緩や浮緊がである。両者の証候には明らかに違いがある。
  【治法】 辛涼解表、宣肺泄熱。
  【方薬】 銀翹散(《温病条弁》)
  連翹一両 金銀花一両 苦桔梗六銭 薄荷六銭 竹葉四銭 生甘草五銭 荊芥穂四銭 淡豆鼓五銭 牛蒡子六銭
  上記を搗いて散とし、毎回六銭を服用する。鮮葦根を煎じ、香気がよく出たところでこれで服用する。煎じすぎてはならない。肺の薬は軽清がよく、煎じすぎると味が濃くなって中焦に入ってしまう。病が重い場合は約四時間ごとに一服、日中に三回、夜一回、軽い場合は約六時間ごとに一服、昼二回、夜一回服用する。病が緩解しない場合はくりかえし服用する。
 呉革菊通は“上昇を治するは羽の如し、軽からざれば挙がらず”と述べている。それ故、本方では軽清宣透の薬物を採用して、肺衛の邪を清宣する。方剤中の荊芥穂、豆鼓、薄荷は解表発汗し、邪を外へ追い出す。牛蒡子、甘草、桔梗は肺気を軽宣して咳嗽を除く。連翹、金銀花、竹葉は清熱宣透する。葦根は少津止渇する。本方を薬物から考察すると、辛涼を主として少量の辛温の薬物で少し佐けている。それ故、呉革菊通は本方を辛涼の平剤と称した。風熱が表に客して発熱、悪寒、無汗の場合に最もよく適用される。もしも悪寒がなくなれば、荊芥、豆鼓は用いない方がよい。本方を湯剤とし煎じて服用する場合、薬味の用量は上記の分量を参考にして減量する。煎じる自汗は長すぎない方がよい。
  もしも温熱灼津によって口渇がかなり激しい場合は、天花粉を加えて生津清熱する。
  温毒が重なって項部が腫張し咽痛する場合は、馬勃、玄参を加えて解毒消腫する。
  肺気の粛降機能が失調して咳嗽がかなり激しい場合は、杏仁を加えて肺気を宣利する。
  熱が津液を傷つけ小便が出しぶることが重なる場合は、知母、黄ゴン、梔子の苦寒薬と、麦門冬、生地黄の甘寒薬を加え、清熱化陰するとよい。

  桑菊飲(《温病条弁》)
  杏仁二銭 連翹一銭五分 薄荷八分 桑葉二銭五分 菊花一銭 苦桔梗二銭 生甘草八分 葦根二銭
  水二杯で煮て一杯を取り、一日に二回服用する。
  本方も辛涼解表剤で、薬は桑葉、菊花、連翹、薄荷の辛涼性のものを用い、風熱を軽く透泄する。桔梗、甘草、杏仁は肺気を宣開して咳嗽を止める。葦根は生津止渇する。本方と銀翹散はともに辛涼解表の方剤で、いずれも風熱が肺衛を侵犯した証に運用される。ただし銀翹散には荊芥、梔子の辛散透表薬が辛涼薬物中に入っていて解表力が比較的強いので、“辛涼の平剤”と称する。そして桑菊飲は大部分が辛涼薬で、薬量が比較的少なく、解表力は銀翹散よりも劣るので、呉革菊通は“辛涼の軽剤”と称した。しかしながら桑菊飲は杏仁を用いて肺気を降ろすので、咳を止める効能は銀翹散よりも優れている。
  もしも熱入気分が重なり、呼吸があらく喘ぐ場合は、石膏、知母を加えて気分の熱を清する。
  もしも肺熱がかなりひどい場合は、黄ゴンを加えて肺熱を清する。
  もしも熱が津液を傷つけて口渇する場合は、天花粉を加えて清熱生津する。

  8・3・2 熱入気分の証治
以下、「8・3・2・1 邪熱壅肺」 「8・3・2・2 痰熱結胸」など続くが、本ブログの性質上、第二水準の漢字の多くが使用できず文字化けが多くなるので省略
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 10:43| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする