インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年04月20日

寄せては返す波の音

今回は、
日本の伝統医学と言われる「漢方医学」に欠落するものの全文引用であるが、内容的には故山本夏彦氏の「寄せては返す波の音」と同属である。
 つまり、同工異曲に拙論の引用ということですね。でも、とても重要なことだけに、こういうことは手を変え品を変えて述べるべきだと思いますよ!
 
「漢方とは中国から伝来した医術であり、漢方薬は漢方で用いる草根木皮や動物類を原料とした医薬」であるから、漢方医学を「日本の伝統医学」と言うには些か疑問がある。

 漢方医学は中国の伝統医学の亜流に過ぎないのだから、日本の伝統医学という言い方は僭越に過ぎるように思えてならないからだ。

 しかしながら、百歩譲って漢方医学は日本の伝統医学であるとしても、ここには大きな欠落が見られることを十分認識しておかなければならない。

 つまり、漢方医学の重要な原典として、傷寒論や金匱要略は過剰なほどにバイブル扱いにするのはよいとしても、明〜清代(みんからしんだい)に発達した温病学の重要な典籍『温病条弁』を無視し続けていることだ。

 だから、風邪やインフルエンザのようなありふれた急性疾患にも、傷寒論ばかりに拘って、葛根湯や麻黄湯類ばかりで対処するから、ほとんど有効性に乏しい。

 現実的な多くの急性疾患に漢方薬類で対処可能になったのは明〜清代にかけて急速に進歩・発達した温病学のお陰なのであるが、古代中国医学の原典である傷寒論・金匱要略にばかり沈潜して、負けず劣らずに重要な『温病条弁』を研究しようとはされないのである。

 漢方医学に西洋医学流のエビデンス概念を取り込むのには熱心なこととは裏腹に、中国古代医学の原典は重要視しても、その後に急速に発達した温病学理論をまったくといってよいほど無視し続ける感性の矛盾の支離滅裂さを自覚出来ないのかどうか?

 我が愛するこの日本国の漢方医学の実態は、些か信じられないほどの現況なのである。

 もちろん一部の識者、つまり本場の中医学理論の優越性を認識する医師・薬剤師は「わが国の伝統医学」に大きく落胆して完全に方向転換を済ませている。

 つまり、日本の漢方医学理論を完全に切り捨て、温病学を含めた中医学理論を身につけ実践しているのであるが、巷にあふれる情報の多くは「日本の伝統医学」である漢方医学レベルの葛根湯や小青竜湯、あるいは八味丸レベルのものばかり、ということなんですよ。
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:51| 山口 ☁| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする