インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年04月10日

銀翹散製剤を販売するメーカー間でも意識に大きな差があるのが現実

銀翹散製剤を輸入販売、あるいは製造販売する漢方系の製薬会社は複数あるが、それぞれに銀翹散製剤に対する意識は、大いに異なっている。

だからその社の営業マンによって、自身が風邪を引いた時の対処方法がまるで違うのである。

A社の営業マンはすかさず銀翹散製剤を使用しているが、B者の営業マンは揃って傷寒論医学の方剤を使用してこじらせることが多い。

だからB社の営業マンに銀翹散製剤を使用すべきことを懇切丁寧に教えてあげると、今年はうまくいったと喜んでいた。

しかしながら、A社の社員とて、ちょっとした工夫が足りないので、咽喉がおかしいときは、一錠だけをトローチがわりに使用する応用方法を伝授して直ぐに実行してもらったところ、見る見る改善していった。

ともあれ、自社で販売している銀翹散製剤であっても、A社などは主力製品の一つとして温病条弁の方剤の価値を大いに認識しているが、B社などは古方派漢方の域から飛躍することが出来ず、いつまでも中医学に対する理解が深まらないという訳である。

それゆえ、

「風邪は予防に限る、それにはビタミンCが一番」

などと、漢方専門メーカーの幹部らしからぬ発言が飛び出したりして、周囲の苦笑を誘うというお粗末も見られるのであった(笑)
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:33| 山口 | 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする