インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2009年05月25日

タミフルやリレンザ乱用の問題点

曇天のスズメ
曇天のスズメ posted by (C)ヒゲジジイ

 今回の新型インフルエンザ騒動では、結果的に弱毒性であり、高齢者の多くは免疫を保有しているタイプであるから、真の意味では新型とは言えないかもしれない新型である。

 弱毒性であり、なおかつタミフルやリレンザがよく奏功するからといって、日本のように予防的にまで使用されたりしていては、タミフル耐性を増産するばかりで、世界の顰蹙を買う事態になりかねない。

 愚策ばかり連発する厚生労働省の考えることだから危ういこと限りなし、である。
 マスクがさも予防に絶大なる効果があるがことく触れ回るレベルのお粗末な行政機関なのである。

 本当に必要とする強毒性のインフルエンザが流行したときにこそ備蓄しておいてほしいものである。

 今回は本音を書いた。
 地方の医療を崩壊させた確信犯的な厚生労働省は信用ならないからである。

 厚生労働省はある意味で反日組織であると考えれば、これまでの愚策の意味が納得できるかもしれない。

モンシロチョウが飛んでいましたっ
モンシロチョウが飛んでいましたっ posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 01:18| 山口 ☀| 新型インフルエンザ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする