インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年05月31日

一昨日届いた某氏からのメールの一部

 昨年来の新しい常連さんの某氏からのうれしいメール
 
家内が昨日,悪寒と喉の痛みを訴えて(首の裏のコリはなし)葛根湯を飲もうとしたので,すかさず取り上げて天津感冒片と板藍根,参蘇飲を飲ませたら,今朝はよくなっていました。

 折々に当方のブログ類に目を通して下さっておられるらしく、すかさず応用されたようです。



posted by ヒゲジジイ at 00:42| 山口 ☀| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

傷寒論と温病学の呼称について

 傷寒と温病、というように両者を二項対立的に述べる習慣から、(傷寒論および温病学というべきところを)、傷寒論と温病論、というように「論」の字で統一してしまいがちだが、正しくは「温病学」である。

 しかしながら、傷寒論のほうは、書籍の題名がそのまま使用されて、あまり「傷寒学」という習慣はないようだ。

 ところで温病系の重要書籍には、呉鞠通著『温病条弁』(1798年)をはじめ呉又可著『温疫論』、葉天士著『温熱論』など類似した書名のものが多い。
 
 また紛らわしいのは我が日本国において蝦惟義(えびこれよし)著『温病論』(1800年)という書籍があるので、このこともあって、正確には「温病学」と呼ぶべきところを、うっかり「温病論」と言っても間違いではないだろうが、蝦惟義著の『温病論』のことですか?と揚げ足を取られても困るので、正しく中国明代〜清代にかけて急速に発達した「温病学」という表記にすべきである。

 と、こんなことを言うのも、これまで小生自身が本ブログなどで折々に「温病学」と記載すべきところを「温病論」と記載してしまっているからである。

 現代にはそれほどの臨床的価値が高いとは思われない蝦惟義著『温病論』と誤解する古方派の先生がおられても困るので、敢えてここで記した次第。

 蛇足ながら、蝦惟義著『温病論』の本物の原書は所持していないが、さいわい昭和54年に出版科学総合研究所から復刻された書籍を当時1,800円で入手している。
 比較的薄い書籍なので読み直そうとしたが、しばらく読み進むと急に眠気がさして中断してしまった。(歳は取りたくないもんですね。)
posted by ヒゲジジイ at 00:23| 山口 ☁| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

再び13年まえの参蘇飲・銀翹散・葛根湯の考察

 これも同じ『和漢薬』誌の平成6年新年号(通刊488号)の巻頭随筆「新春漫談 中医漢方薬学」の中の一部に当時の風邪に対する漢方薬の問題を取上げている拙文を発見した。
 当時から一般の人でも敏感な人は、風邪に葛根湯という常識はまったくアテにならないことに気がついていたのだ。
  風邪に参蘇飲・銀翹散

 暖房設備や食生活など、生活環境の変化にともなって、日本国民の体質傾向が異なって来るのは当然とはいえ、数年前まではアトピー性皮膚炎に対して、ほとんど必要性を認めなかった補中益気湯類が、今や本州末端のわが薬局でも繁用方剤となっている現状は、政治経済の急速な変化と呼応しているようです。これと同様なことが、最もありふれた疾患「風邪」においても見られるようで、

 @「風邪を引くといつも病院では葛根湯や麻黄湯とか、小柴胡湯なども一緒に下さるのですが、一向にスッキリと治ったためしがありません。」

 A「風邪薬を求めて薬局に行くと、昨年まではどこの店でも大抵、葛根湯を出されていましたが、不思議なことに、今年からは一般の新薬類しかすすめられなくなりました。確かに葛根湯よりも、普通の風邪薬の方がマシみたいでした。」

 B「風邪を引いて以後、一ヶ月も病院に通っているのですが、一向に微熱がとれず、寒くて元気が出ず、咳も続いています。」

 C「風邪を引いて一ヶ月、病院の薬も一般の薬局の薬も、何を飲んでも激しい咳き込みが止まりません。」

 以上は、風邪の漢方薬を求めて来局される場合の代表的な四例ですが、Bは柴胡桂枝乾姜湯、Cは麦門冬湯など、風邪の後期の症状として対処できます。
 問題は@Aのように、風邪の初期段階の治療に、葛根湯が無効な事例が増えていることで、昨今は気虚感冒の参蘇飲や、外感風熱の銀翹散の適応例が圧倒的に増加しているようです。流感などでは、参蘇飲合銀翹散が適応する症例も増えているようです。

 水様性鼻汁の分泌が甚だしいアレルギー性鼻炎にしても、小青竜湯証であることは少なく、参蘇飲が適応する症例が増加しているようです。一般薬局や病院から辛温発散作用の強烈な小青竜湯が出され、過度な連用によって辛夷清肺湯証を誘発しているケースが多々見られます。

 つまり、アトピー性皮膚炎のみならず一般の風邪においても、昨今は肺・脾の虚が内在しているケースが急速に増加しており、このために邪実に対する配慮ばかりでなく、正虚に対する十分な配慮を必要とする脆弱・華奢な時代を迎えているに違いなく、サッカーのW杯アジア最終予選の悲劇と、まんざら無縁ではなさそうです。
posted by ヒゲジジイ at 10:26| 山口 | 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

やっぱり微妙に異なる13年前の風邪・インフルエンザに対する漢方処方

 次は1994年1月(通刊488号)の『和漢薬』誌に書いた拙論である。
 時代の変遷と言おうか、環境変化に伴い、風邪やインフルエンザに対する現在の漢方処方繁用パターンとは微妙に異なる記述がある。
 時代が13年近く異なっていることを前提として考えれば、参考価値は高いと思われるので、一部下記に引用する。
 ●銀翹散・参蘇飲・葛根湯

 
 日常的に遭遇する「風邪」の治療に、温病理論の応用は不可欠であり、同時に西洋医学的な発想からも、抗箘・抗ウイルス作用をもつ軽質・芳香性の清熱解毒・疏散風熱薬「金銀花」や「連翹」などに注目すべきである。方剤としては銀翹散が重要であるが、近年エキス製剤が市販されているおかげで、日本漢方では不可能に近かった流感でも、インスタント漢方によって容易に対処できる時代である。
 風邪の初期治療は、筆者のところでは近年、参蘇飲・銀翹散・葛根湯の三方剤によって解決することが多い。こじらせてやって来た場合は、柴胡剤や麦門冬湯など多彩な方剤を使用することになるが、一般的な風邪から流感まで、初期段階ではこれら三方剤のエキス製剤の組み合わせで対処できることが多いのである。
 @参蘇飲+銀翹散、A参蘇飲、B葛根湯、C銀翹散、D葛根湯+銀翹散、E銀翹散+他方剤、という順の使用頻度であるが、特に流感については@DECの順であり、AやBの単独投与は殆どあり得ない。
 また、これら三方剤の組み合わせは、アレルギー性鼻炎にそのまま有効である。たとえば、日本流で小青竜湯証とされている鼻炎の中には、実際には参蘇飲証やカッコウ正気散証であることが多く、鼻閉が強い場合でも参蘇飲+葛根湯加辛夷川キュウや、参紫蘇+辛夷清肺湯などで十分に対処し得るのである。
 近年問題になっている花粉症などでは、参蘇飲や銀翹散を主体に、参蘇飲+銀翹散など、上記の感冒治療の方法がそのまま通用することも多い。蓄膿症などでは、銀翹散+辛夷清肺湯や、銀翹散+葛根湯加辛夷川キュウなど、銀翹散の応用範囲も広い。

 参蘇飲は、皮毛より寒邪を感受した一般的な風邪に適応者が多く、水様性の鼻汁を伴うクシャミの頻発などの鼻炎症状には特に著効がある。銀翹散を併用すれば、外は風寒に侵襲されて口鼻からは温熱の病毒(流感ウイルス)の吸入を伴った流行性感冒に適応する。さらには、他方剤の併用により、喘息やアトピー性皮膚炎にも応用できることを経験している(参蘇飲+辛夷清肺湯など)。また「肩が冷える肩こり症」にも単方で著効を得ることが多い。

 銀翹散は、口鼻から温熱の病毒を吸入して発病する流感のみならず、急性および慢性扁桃腺炎・化膿性皮膚疾患・花粉症・急性結膜炎・アトピー性皮膚炎などに適応があり、抗生物質的な使用も可能である。
 従来、日常的によく見られる急性疾患には葛根湯が代表的な方剤であったが、現代は参蘇飲と銀翹散の有用性が目立ち、これら三方剤の時代と言えそうである。

 現在からみれば、たとえば参蘇飲のところで「水様性の鼻汁を伴うクシャミの頻発などの鼻炎症状」とある部分は、むしろ「カッコウ正気散」のことではないの?と言いたくなるところである。

 胃腸虚弱な人のアレルギー性鼻炎や花粉症では、小青竜湯が強すぎて胃障害などを生じる人には断然「かっこう正気散」の方が無難である。
 但し、かっこう正気散は胃腸によくても、小青竜湯と同様に乾燥させる作用が強力なので乱用は慎みたい。

 肺は嬌臓(きょうぞう)であるから、つまりとてもデリケートな臓器であるから、偏った刺激は好まないということである。

 過ぎたるは及ばざるが如し、って〜〜〜こってす。
posted by ヒゲジジイ at 16:20| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

13年前の月刊『和漢薬』誌486号に掲載されたインフルエンザの漢方薬

 しばらく前にも引用した以下に転載する拙文は13年前のものであるが、現在の考えとそれほど大きく変わるところがない。
 異なるところがあるとすれば、昨今では葛根湯を使用する機会が激減しており、使用する場合も明らかに項背部が凝って悪寒が強い場合の一日限りで中止してもらうことが多い。(ただし、風邪には使用することは激減していても、頚椎関連や眼精疲労などには頻繁に応用できるのが葛根湯系列の方剤である。
 
●流行性感冒に対する経験

 冬期の流行性感冒に対しては、たとえ初期症状が傷寒に見える場合でも、温病理論にもとづく外感風熱に対処する治療方法を参考にしなければ治療困難な場合が多い。つまり、流感に対しては葛根湯や麻黄湯・大青竜湯などでは治療が困難で、西洋医学的な発想から銀翹散などのように強力な抗箘・抗ウイルス作用のある方剤を必要とすることが多いと考えている。

 たとえば、今年の流感では一般の西洋医学治療では略治するまでに一週間はかかった者が多く、そのために例年になく漢方を求める流感患者が多かった訳であるが、参蘇飲合銀翹散により数日で略治したものが八割以上を占め、そのほかは葛根湯合銀翹散などで短期間で略治したのである。

 筆者が扱った今年の流感患者を分析すると、気虚体質の者や一時的に気虚に陥った者が、皮毛より寒邪を感受して気虚感冒に罹患するのと同時に、口鼻からは温熱の病毒である流感ウイルスを吸入して発病し、悪寒発熱・頭痛・咳嗽・咽痛を生じ、体温も比較的高熱を示したものと考えられる。それゆえ、気虚感冒に対する参蘇飲と抗ウイルス作用の強力な銀翹散の合方にて良効が得られたものと解釈している。
posted by ヒゲジジイ at 00:21| 山口 | 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

匿名の日本古方派を名乗る揚げ足取りの先生はようやくおとなしくなったが・・・

 本ブログで日本古方派の問題点を指摘しているからといって、中医学や温病学に何の基礎知識もない日本古方派を名乗る匿名氏によて、感情的でピンとはずれの慇懃無礼な攻撃を受けていた。

 ヘッド部分に設置しているお問合せフォームを通じてである。

 専門誌に連載をしていた当時も、匿名氏によってピンとはずれの激しい攻撃を受けたことがあったが、そのときはその全文をコピーして身近な専門家の人々に配布して回ったものである。

 というのも、その匿名氏がどなたか、各地からの情報からほぼ推測が立っていたからである。

 論争を挑むつもりなら、内々でも本名と所属や資格(医師あるいは薬剤師など)を名乗って、正々堂々とやるべきだが、最後まで匿名を通しつつ、こちらが礼節を守って譲歩しているのを良いことに、次第にエスカレートして意味不明な感情論に走るのであった。

 最初から小生の古方派時代の経験を疑う無礼さには当初は我慢していたが、揶揄するのと同時に本ブログには決して掲載できない他国の非難まで出てくる始末で、あまりの理不尽さに瞬間湯沸しの湯が煮えたぎってしまったのであった。

 当方とて真面目な論争なら、真正面から受けて立つつもりであるが、今回のことを教訓に、必ず内々で本名と所属、および職業等の自己紹介をされた場合に限る。

 学問というものは「批判的に継承」すべきだと考えるので、本当に真面目な論争なら、いくらでも受けてたつということである。
posted by ヒゲジジイ at 02:19| 山口 ☀| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

現代の風邪やインフルエンザの概括的考察

 あくまで小生の長年の経験から割り出した概括的な試論である。

 現代社会における典型的な風邪やインフルエンザは、中医学的には多くの場合、
 狭義の傷寒と温病の合併症であると認識するに至っている。

 そこで試論として、

 一時的に衛気不固(衛気の虚)に陥った者が、その虚に乗じて皮毛より寒邪を感受し、同時に口鼻からは温熱の病毒(ウイルス)を吸入したために悪寒発熱・頭痛・咳嗽・咽喉腫痛などを生じる。これ即ち傷寒と温病の合併証である。

 としている訳だが、だから悪寒がする初期には一時的に銀翹散に参蘇飲などを併用することはあっても、多くは銀翹散主体の適応証であると主張するものである。

 また、このことを物好きにも
漢方と漢方薬の真実:5月13日のみならず、

漢方専門薬剤師による漢方薬方剤漫遊記 :現代の風邪やインフルエンザには、銀翹散製剤が主役となる理由をもう一つ突っ込んで考えると!?
 でも書いてみたり、ますますエスカレートしてしまいそうである。

 最初の出発点は本ブログの

13〜14年前のインフルエンザに対する拙論

 がきっかけで、その13〜14年前に『和漢薬』誌に発表しておいたものを読み直す機会があって、自身で書いたものなのにあらためてメカラウロコ、どこまでエスカレートするかしれませんね(笑)。

 といっても、そろそろ湿潤の季節が到来し、それゆえにかっこうしょうきさん・カッコウショウキサンの出番がやって来る季節なのですよexclamation
posted by ヒゲジジイ at 22:33| 山口 ☔| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

無礼千万な某古方派漢方家を名乗る匿名者の愚見およびお問合せはすべて抹消

 とんだ食わせ者で、内々でも名前と資格を明かすように求めたものの、匿名をよいことに、またまたピントの外れたゴネの為のゴネ、図々しくも人に物を尋ねるのに、素人呼ばわりする無礼者の往復メールのブログをすべて削除した。

 世の中トンデモナイ輩が多いことには慣れているが、いずれにしてもね〜、もともと漢方界では敵が多いから、専門誌時代から匿名の暴言は慣れっこですよ。

 馬と鹿は相手にせずということではありますが、結局はこの「井の中の蛙」先生は、谷沢永一氏がおっしゃるように、

時計人間の最も強烈な情念は嫉妬ですモバQ

と言われるとおりの女々しい男性時計の一人だったということですね。

 結局、名前も資格も名乗らずに、トンチンカンなことを吼え続けて、この人大丈夫と心配になるような長文で、このブログには決して転載できないような暴言まで書いてよこしたのですよパンチ

 どうもその御仁は、ハイエナ猫のように小生のブログやHPの周りをうろついて、嫉妬の情念に燃え尽きそうどんっ(衝撃)な様子だから、あえてここで

「無礼者、男なら名を名乗れ!パンチダッシュ(走り出すさま)

と、恐る恐る小さな声で吼えておきましょうパンチダッシュ(走り出すさま)手(チョキ)

 この古方派を名乗る匿名者に忠告することがあるとしたら、

 ・基礎知識ナシに議論を吹っかけてもすべてピンと外れと言う事。(中医学および温病学に暗いものが、江戸期のチョット齧りの知識だけで何の議論が出来ると思っているのか、これが匿名性の思い上がりというものである。)
 ・傷寒論医学だけでインフルエンザが治せるなどと決して思い上がらないこと。危険極まりない!(インフルエンザでも「板●根」のエキスだけで一日で解熱したという報告が毎年常に数例ある。これと同レベルの話で過信すると大怪我をする。)
 ・方剤単位でものを考えるのみならず薬味一つ一つの薬味薬性(寒熱・帰経など)効能を熟知してなければ、条文や江戸期の先生の言ったことだけでは方剤の評価は出来ないこと。
 ・まずは基礎理論と基本用語をまともなレベルで知らなければ、教えようにも教えようが無いこと。(とうぜん陰陽五行学説および素問・霊枢の最低限の知識も必要で、日本古方派特有の傷寒論由来の六経弁証だけでは話にならないということ。)
 ・長年漢方だけでメシを食ってきた老人に対して、自分と同レベルの経験と知識などと思い上がらぬこと。
 ・古方派の大家・故大塚敬節先生の追悼文の末席を小生が汚してしまっているが、その拙文には何が書かれているか、必ず熟読すること。(それでもまだ悟るところがないようなら、もはや漢方を論ずる資格はないだろうということ。)
 ・匿名であっても、日本人なら最低限の礼儀を守ること。
 ・最高の無礼は、慇懃無礼ということ。
 ・嫉妬の情念に燃え尽きないこと。
 以上。

参考文献:大塚敬節先生の私淑者としての思い出(村田恭介)
posted by ヒゲジジイ at 21:09| 山口 ☁| 匿名者による卑劣な暴言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

高等医薬院校教材『温病学』における「風温」

 二十年近く前の拙訳をそのまま引用するので、あまりにも訳文が硬直しているが「風温」に対する当時の中医学の教科書『高等医薬院校教材 温病学』の「風温」の記事を下記に引用する。
 
 その前に、やや紛らわしい「春温」については、昨今の教科書では「風温」と「春温」はまったく異なる概念であるが、
中医学の文献中において、春温の概念はすべて一致しているわけではない。春季の各種温病を「春温」で概括している場合がある。例えば邵仙根は《傷寒指掌》の中で“春温病は両種あり。冬に寒邪を受けて即病せず、春に至りて伏気発熱する者は、名ずけて春温と曰う。若しも春令太だ熱し、時邪を外受して病む者は、此れに感じて即発するの春温なり。”と述べているが、「感じて即発するの春温」とは実際には風温に属するものである。
とあるように、現代中医学でいう「風温」と同じものを「春温」と表現していた時代もあるということだ。

   8  風  温

  風温は、風熱の病邪を感受して引き起こした急性の外感熱病である。初期には、発熱、軽度の悪風寒、咳嗽、軽い口渇等の肺衛の症状をその特徴としている。多くは春と冬の二つの季節に発病し、冬季に発病する場合には冬温という。
  風温の名は、最初に《傷寒論》で見られ“若し発汗已みて、身が灼熱
する者は、名づけて風温と曰う”とある。しかしながら、ここで指摘されているのは熱病を誤って発汗した後の壊証に関するものである。朱肱の《傷寒類証活人書》{1107年}の中では、風温の病因は“其の人もと風に傷れ、復た熱に傷るるに因りて風熱相ハクし、即ち風熱を発す”るものであり、その症状は“脉は尺寸倶に浮、頭疼身熱し、常に自汗出で、体重く、其の息必ず喘し、四肢収まらず、〓々として但眠らんと欲す”というものであり、その治法は“治は少陰、厥陰に在り”“発汗すべからず”である、と指摘している。
  清代に至って葉天士は“風温は春月に風を受け”るものであると明確に打ち出し、風温は春季の新感温病であるとした。あとを継いで、陳平伯は風温の専門書《外感温病篇》を著わし、風温の病因、病機と証治について、系統的な論述を行った。まさに陳平伯が“風温の病為る、春月と冬季に居すこと多く、或いは悪風し、或いは悪風せず、必ず身熱、咳嗽、煩渇す”と述べているのは、本病の発生季節と初期の臨床特徴をはっきり指し示したものである。これより、風温病関係を専門に検討し、理法を詳述する。
  現代医学における流行性感冒、急性気管支炎、大葉性肺炎等は、本病の弁証治療を参考にされたい。


8.1 病因病理

  本病の病因は、春や冬に風熱の病邪を感受することである。春季は風木の時節で、気候は温暖で風が多く、陽気はのぼり、生れつき虚弱な人や生活が不摂生であると、風熱の病邪を感受して本病が形成される。このことを葉天士は“風温は春月に風を受け、その気は已に温なり”と言い、また呉革菊通は“風温は初春に陽気が始めて開き、厥陰行令し、風に温を挟むなり。”と述べている。もしも冬季の気候が常に反し、寒いはずのものがかえって温かいとき、人体の正気が不足していれば、また風熱の病邪を感受して本病が発生する。それ故、呉坤安は“凡そ天時晴燥にして、温風暖に過ぎ、其の気を感ずるは、即ち是れ風温の邪なり”と述べ、本病が“温風暖に過ぐ”の条件のもとに形成するものであることを明確に指摘している。
  風熱の病邪に外感すると、多くは口鼻から入り、肺は高い位置にあるので、まっ先にその攻撃を受ける。だから本病の初期には邪が上焦にあって手の太陰肺経が病変の中心となる。それ故、呉革菊通は“凡そ温を病むは、上焦に始まり、手の太陰に在り”と述べている。肺は気を主り衛に属して皮毛に合するものであるから、衛気は皮毛に分布している。このため、病変の初期には、発熱、悪風、咳嗽、軽度の口渇などの肺衛の証候が出現する。もしも肺衛の邪が解けないと、その進行はたいてい二つ過程をたどる。
一つは胃に順伝し、もう一つは心包に逆伝する。葉天士は“温邪は上に受け、首先に肺を犯し、心包に逆伝す”と述べ、風温の初期の病変場所と伝変法則を明確に指摘している。一般的には、邪熱が胃に順伝すると衛から気に転じ、多くは陽明の邪熱熾盛の証を呈するが、もしも邪熱が心包に逆伝すると、必ず昏迷、譫妄などの意識障害の証候が現われる。病変過程中にもしも邪熱壅肺すると、痰熱喘急が出現する可能性があり、熱が血絡に入ると、紅疹が発生しやすくなり、病が後期になると、多くは肺胃陰傷の証を呈するもので、これらも本病の特徴の一つある。


8.2 診断の要点

  @ 春冬の二つの季節に発生する外感熱病は、本病の可能性を考えなければならない。
  A 発病初期には、発熱、悪風寒、咳嗽、口渇、脉が浮などの肺衛の症状が現われ、後期には多くは肺胃陰傷を生じる。これ等が本病の主な診断根拠である。
  B 春季の春温等の病状との鑑別に注意しなければならない。春温との鑑別は春温の章で述べる。


8.3 弁証論治

  本病の治療は、初期には邪が肺衛にあるので、辛涼で宣解して邪を外に駆逐するとよい。もしも邪が気分に伝わった場合には、辛寒清熱するかまたは苦寒攻下するとよい。心包に内陥した場合には、必ず清心開竅しなければならない。本病が後期に至り、熱邪は既に退いたものの肺胃津傷が回復しない時には、甘寒で肺胃の陰を清養するとよい。葉天士は《三時伏気外感篇》の中で“此の証は初め、発熱、喘嗽に因る。首に清涼を用いて上焦を静粛す。・・・・・・若し色蒼く、熱勝り、煩渇すれば、石膏、竹葉を用いて辛寒清散す。┘症も亦当に此れを宗とすべし。若し日数漸く多くして、邪解するを得ざるは、ゴン・連にて涼膈も亦選用すべし。熱邪ダン中に逆伝するに至れば、神昏目瞑、鼻竅に涕泪無く、諸竅閉じんと欲し、其の勢い危急なり。必ずや至宝丹或いは牛黄清心丸を用うべし。病減じて後余熱あらば、只甘寒にて胃陰を清養するに足るなり”と述べている。これは本病の進行過程における各段階の治療について具体的に論述したものである。

  8・3・1 邪襲肺衛の証治{診断と治療}

  【症状】 発熱、軽度の悪風寒、無汗あるいは少汗、頭痛、咳嗽、軽度の口渇、舌苔は薄白、舌の辺と尖が紅、脉は浮数。
  これは風温の初期で、邪が肺衛を襲った証である。邪が表を犯すことによって衛気が鬱せられ、開合機能が失調するので、発熱、軽度の悪風寒、無汗あるいは少汗が現われる。衛気が鬱阻して経脉不利となると頭痛する。肺気が宣暢を失するので咳嗽が現われる。温熱の邪は容易に津液を傷つけるので、病初は軽度の口渇を感じる。ただし裏熱が亢盛で口渇がひどく水を欲しがるものとは多少異なる。風熱の邪が表にあると、舌苔薄白、舌の辺と尖が紅、脉は浮数の証が現われる。本証は外感風寒とよく似ているが、風寒が表にある場合には、必ず発熱は比較的軽く、悪寒がかなりひどい。また口渇はなく、脉は多くは浮緩や浮緊がである。両者の証候には明らかに違いがある。
  【治法】 辛涼解表、宣肺泄熱。
  【方薬】 銀翹散(《温病条弁》)
  連翹一両 金銀花一両 苦桔梗六銭 薄荷六銭 竹葉四銭 生甘草五銭 荊芥穂四銭 淡豆鼓五銭 牛蒡子六銭
  上記を搗いて散とし、毎回六銭を服用する。鮮葦根を煎じ、香気がよく出たところでこれで服用する。煎じすぎてはならない。肺の薬は軽清がよく、煎じすぎると味が濃くなって中焦に入ってしまう。病が重い場合は約四時間ごとに一服、日中に三回、夜一回、軽い場合は約六時間ごとに一服、昼二回、夜一回服用する。病が緩解しない場合はくりかえし服用する。
 呉革菊通は“上昇を治するは羽の如し、軽からざれば挙がらず”と述べている。それ故、本方では軽清宣透の薬物を採用して、肺衛の邪を清宣する。方剤中の荊芥穂、豆鼓、薄荷は解表発汗し、邪を外へ追い出す。牛蒡子、甘草、桔梗は肺気を軽宣して咳嗽を除く。連翹、金銀花、竹葉は清熱宣透する。葦根は少津止渇する。本方を薬物から考察すると、辛涼を主として少量の辛温の薬物で少し佐けている。それ故、呉革菊通は本方を辛涼の平剤と称した。風熱が表に客して発熱、悪寒、無汗の場合に最もよく適用される。もしも悪寒がなくなれば、荊芥、豆鼓は用いない方がよい。本方を湯剤とし煎じて服用する場合、薬味の用量は上記の分量を参考にして減量する。煎じる自汗は長すぎない方がよい。
  もしも温熱灼津によって口渇がかなり激しい場合は、天花粉を加えて生津清熱する。
  温毒が重なって項部が腫張し咽痛する場合は、馬勃、玄参を加えて解毒消腫する。
  肺気の粛降機能が失調して咳嗽がかなり激しい場合は、杏仁を加えて肺気を宣利する。
  熱が津液を傷つけ小便が出しぶることが重なる場合は、知母、黄ゴン、梔子の苦寒薬と、麦門冬、生地黄の甘寒薬を加え、清熱化陰するとよい。

  桑菊飲(《温病条弁》)
  杏仁二銭 連翹一銭五分 薄荷八分 桑葉二銭五分 菊花一銭 苦桔梗二銭 生甘草八分 葦根二銭
  水二杯で煮て一杯を取り、一日に二回服用する。
  本方も辛涼解表剤で、薬は桑葉、菊花、連翹、薄荷の辛涼性のものを用い、風熱を軽く透泄する。桔梗、甘草、杏仁は肺気を宣開して咳嗽を止める。葦根は生津止渇する。本方と銀翹散はともに辛涼解表の方剤で、いずれも風熱が肺衛を侵犯した証に運用される。ただし銀翹散には荊芥、梔子の辛散透表薬が辛涼薬物中に入っていて解表力が比較的強いので、“辛涼の平剤”と称する。そして桑菊飲は大部分が辛涼薬で、薬量が比較的少なく、解表力は銀翹散よりも劣るので、呉革菊通は“辛涼の軽剤”と称した。しかしながら桑菊飲は杏仁を用いて肺気を降ろすので、咳を止める効能は銀翹散よりも優れている。
  もしも熱入気分が重なり、呼吸があらく喘ぐ場合は、石膏、知母を加えて気分の熱を清する。
  もしも肺熱がかなりひどい場合は、黄ゴンを加えて肺熱を清する。
  もしも熱が津液を傷つけて口渇する場合は、天花粉を加えて清熱生津する。

  8・3・2 熱入気分の証治
以下、「8・3・2・1 邪熱壅肺」 「8・3・2・2 痰熱結胸」など続くが、本ブログの性質上、第二水準の漢字の多くが使用できず文字化けが多くなるので省略
posted by ヒゲジジイ at 10:43| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

傷寒と温病を同時に併発するインフルエンザ

 昨日の投稿は、たまたまぶっ壊れたワープロのフロッピーをパソコンに取り込んでいて偶然目に留まった十数年前の拙論だった。
 それを眺めて自分で述べておきながら、昨今の頭蓋骨内部の老化のせいか、この程度の内容を読んでも他人様の御高説を拝聴したかのように、本当に目からウロコが落ちてしまったのだから、我ながらナサケナイ。

 一時的に衛気不固(衛気の虚)に陥った者が、その虚に乗じて皮毛より寒邪を感受し、同時に口鼻からは温熱の病毒(ウイルス)であるインフルエンザウイルスを吸入したために悪寒発熱・頭痛・咳嗽・咽喉腫痛などを生じる。これ即ち傷寒と温病の合併証である。

 という考察こそ、冬のインフルエンザの正体をかなり正確に表現しているのではないかと、いまさらながら自画自賛するものである。

 だから、葛根湯や参蘇飲程度の方剤で簡単に治癒してしまうレベルのかぜというのは、気虚体質の者や一時的に気虚に陥った者が、皮毛より寒邪を感受して感冒にかかったのみで、同時に口鼻から吸い込む病毒(ウイルス)は比較的弱いものであろう。

 インフルエンザとなると、皮毛より受けた寒邪と同時に口鼻から強烈な温病の病毒を吸い込んでいる。
 このため悪寒発熱・頭痛・咳嗽・咽喉腫痛を生じるが、とりわけ咽喉腫痛を伴う風邪のほとんどが温病の病毒を吸入してしまっていると断定してもよいくらいだろう。当然、この風邪の中にはインフルエンザも含まれる。

 このような理由から、最初は参蘇飲証や葛根湯証あるいは麻黄湯証に見えても、咽喉腫痛を伴っている場合は早晩、温病としての兆候がどんどん前面に出て来る。
 それゆえ、初期に効いたと思った葛根湯なども直ぐに無効となる。
 無効となった時点では温病には相反する辛温解表の傷寒論方剤は即刻中止すべきである。
 ただし、平素気虚の人がかかった場合は、参蘇飲に銀翹散製剤の併用をしばらく継続することもあり得る。

 結局は、現代の風邪関連疾患の多くは銀翹散系列の方剤が主体となるべきであり、また葛根湯や麻黄湯などの傷寒論の方剤に固執したところで、これらは「寒邪を皮毛より感受」したほんの一時期に有効なときがあるのみで、その後はほとんど無効に近いことは、上述の理由からであろう。

 以上を非科学的といって笑わば笑えパンチ
 このような中医学的なイメージトレーニングが出来ないものには、永久に漢方と漢方薬は無縁のものであろうダッシュ(走り出すさま)


 ともあれ、当方では超常連さんにのみ伝授している風邪やインフルエンザに対する漢方薬のヒントを書いた秘伝書(笑)を渡しているが、その一部を以下に公開する。

   風邪(インフルエンザも含む)の一般的な治療方法

〔基本方剤〕「@銀翹散製剤」と「A板○根)」

 風邪・インフルエンザ・扁桃腺炎などの急性熱性疾患で、咽喉(のど)の痛み・咳嗽(せき)・頭痛などがあり、
*寒気が強いときや胃弱の人は「B参蘇飲(ジンソイン)」を併用します。
*水瀉性下痢や吐き下しの合併では必ず「Cかっ香正気散(カッコウショウキサン)」を併用。

★こじれそうな場合の対処方法

●高熱(38度以上の熱が続く場合) @Aに「D地竜(ミミズ)」を併用。
●鼻詰まりがひどい場合       @Aに「E辛夷清肺湯」を併用。
●咽喉(のど)の乾燥が顕著な場合   @Aに「F西◎◎参)」を併用。
●胸痛や胸部に違和感や熱感がある  @Aに「G結胸散(小陥胸湯加減方)を併用。
●咳で胸が痛く胸部に熱感がある   @AにEGを併用。重症では必ず「I白×蛇×草」も追加する。もしも乾燥刺激感が強ければFも併用。
●腎盂腎炎を併発した場合      @Aに「H猪苓湯」とI。

 以上をヒントに適宜組合せを工夫すれば、比較的短期間で治癒することが出来ます。
 但し、体質と症状によって配合が微妙に異なりますので、詳しくは直接お問合せ下さい。(病状によっては、上記の漢方薬以外のものも使用することがありますので。)
 風邪や流行性感冒(インフルエンザ)のようなウイルス感染症の基本は・・・・・・で、最初から最後まで、また日頃からの予防にも必需品です。
 もしも、細菌感染を合併して治りが遅い場合は・・・・・・・も併用すれば効率が上がります。
posted by ヒゲジジイ at 01:35| 山口 ☁| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

13〜14年前のインフルエンザに対する拙論

 以下は13〜14年前、ウチダ和漢薬発行の『和漢薬』誌に翻訳連載していた『中医病機治法学』(陳潮祖著)における「訳者のコメント」の一節である。
 ●流行性感冒に対する経験

 今回は「表衛失調」における表寒証の検討であり、つまり外感風寒に対する七種類の辛温解表法が解説されている。寒邪の侵襲によるいわゆるカゼの初期症状に対する治療方法であるから、よく見られるカゼの初期症状の治療に参考価値が高い。
 しかしながら、冬期の流行性感冒に対しては、たとえ初期症状が傷寒に見える場合でも、温病理論にもとづく外感風熱に対処する治療方法を参考にしなければ治療困難な場合が多い。
 つまり、流感に対しては葛根湯や麻黄湯・大青竜湯などでは治療が困難で、西洋医学的な発想から銀翹散などのように強力な抗箘・抗ウイルス作用のある方剤を必要とすることが多いと考えている。

 たとえば、今年の流感では一般の西洋医学治療では略治するまでに一週間はかかった者が多く、そのために例年になく漢方を求める流感患者が多かった訳であるが、参蘇飲合銀翹散により数日で略治したものが八割以上を占め、そのほかは葛根湯合銀翹散などで短期間で略治したのである。

 訳者が扱った今年の流感患者を分析すると、気虚体質の者や一時的に気虚に陥った者が、皮毛より寒邪を感受して気虚感冒に罹患するのと同時に、口鼻からは温熱の病毒である流感ウイルスを吸入して発病し、悪寒発熱・頭痛・咳嗽・咽痛を生じ、体温も比較的高熱を示したものと考えられる。
 それゆえ、気虚感冒に対する参蘇飲と抗ウイルス作用の強力な銀翹散の合方にて良好が得られたものと解釈している。

 なお、表衛失調には外感風寒のほかに、外感風熱・暑邪傷肺・外傷於湿(湿滞体表)・燥邪傷肺・外中風邪などの病機がある。

 13〜14年前の拙論であるが、昨今は上記の葛根湯の必要性を感じることはさらに滅多に遭遇しなくなっているということは、これまでも本ブログで何度も書いている。
 だから、当時と昨今の考え方の微妙な変化にも注意してほしい。これは、時代的な諸環境の変化に連動しているところが多々あるはずである。

 ところで十数年前に自分自身で書いておきながら、眼からウロコであったのは上記のバックカラーを施した部分、
 気虚体質の者や一時的に気虚に陥った者が、皮毛より寒邪を感受して気虚感冒にかかり、同時に口鼻からは温熱の病毒であるインフルエンザウイルスを吸入してたために、悪寒発熱・頭痛・咳嗽・咽喉腫痛を生じ、体温も比較的高熱発したのであろう
 という解釈の見事さ(笑)であった手(チョキ)
posted by ヒゲジジイ at 18:15| 山口 ☁| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

咽喉腫痛がひどくなって使用したらあまり効かなかったというタマに見える女性の場合

 一年に何度か訪れる程度の女性だが、銀翹散製剤の錠剤を風邪の引き始めの咽喉がややおかしい程度の時に、すなわち引き始めに使用したときはよく効いていたのに、咽喉腫痛が激しくなって服用を開始した時には、あまり効果がなかったと嘆いていた。

 おっしゃる通りで、その場合にはやや高度なテクニックが必要であるが、少なくともそのような場合は錠剤ではなく「涼解楽」という顆粒状の製品を使用しないと効果が弱い。(来日する中国の中医師たちは、急性時の日本の使用量の少なさに驚かれるが、使用上の用法・用量に規制される部分があるから止むを得ない。)

 ともあれ、ここが常連さんか、タマにみえる及び腰さん?では、当方のきめ細かい伝授の差というものが歴然とあらわれてしまうのは止むを得ないだろう。

 だから、先手先手を打つのでなければ、咽喉腫痛が重症化した段階で使用する場合の日本の銀翹散製剤の錠剤の分量では、効果が劣るのは止むを得ない事情がある。
 それゆえ、症状が重い場合はエキス顆粒の「涼解楽」を使用した方が効果的なのである。もちろん中医学的には板藍根や白花蛇舌草などを加えるのは常識である。

 明日からは連休続きだからか、本日は常連さんも銀翹散製剤の補充に見える人が多かったが、その常連さんたちこそ、卒なく使用されているので、先ほどの女性のような遅れて使用することはほとんどあり得ない。

 遅れたら遅れたで、高度なテクニックを伝授してあるし、困った時には即電話でアドバイスが可能であるから、このような風邪一つにしても、常連さんとタマの患者さんでは、効果的な使用方法に大きな差がついてしまうということなのだった。

 蛇足ながら上記の女性の話された次のような話は、漢方後進国特有のナサケナイ問題である。
 一般薬局の薬剤師さんのアドバイスによれば、漢方薬は風邪がひどくなってから使用すると熱がこもってしまうから初期の風邪以外には使用すべきではないと言われたが、どうしてでしょうか?との面白い質問があった。

 これにははっきりと理由があって、日本漢方つまり漢方医学においては中国清代の『温病条弁』をまったく取り入れておらず、傷寒論医学ばかりで風邪や流感に対処するから、辛温解表の方剤など温める風邪薬中心の医学であるために、そのように誤解されてもしかたがないだろう。

 その点、中医学を知るものであれば、辛涼解表など熱を穏やかに冷ます方剤なども揃っており、さまざまな状況に対処できる理論と方剤が揃っていることが分っているので、どのような状況にも対処できるのである。

 実に嘆かわしい漢方後進国なのですよ、この愛すべき日本国は・・・・・モバQ
posted by ヒゲジジイ at 22:33| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。