インフルエンザに麻黄湯と決め込む日本漢方の危うさについて


参考ブログ:風邪やインフルエンザの漢方薬:漢方薬専門・村田漢方堂薬局(山口県下関市)の近況報告

2006年03月30日

手術を拒否した蓄膿症でも辛夷清肺湯で緩解できることが多い

シバシバ遭遇する例だが、先日も出入りの二十代の兄ちゃんが、蓄膿のために前頭部が痛くて仕事にならないとやって来た。

身体は丈夫なほうだったが、風邪を引いて蓄膿症が暴れまくり発熱し、頭痛・黄色粘稠な膿汁・鼻詰まりなどが激しく、3日間安静を命じられた。

鼻の洗浄でホンの一時は楽になるが、仕事が始まると常時、前頭部の頭重が鬱陶しくてしようがない。

辛夷清肺湯製剤の単方のみで、2〜3日で一気に軽快している。

頭痛が取れ、濃い膿汁が大量に排出されて鼻閉が開通(笑)して喜んでいる。

このような例が、近年、爆発的に(というのはオーバーかもしれないが)、しばしば遭遇して多くは辛夷清肺湯が主方剤となるが、近年、葛根湯加辛夷川芎タイプの蓄膿症にお目にかかったことがない。

蓄膿症の性質から考えても、温性で発表作用の強い葛根湯加川芎辛夷が有効であることはほとんどあり得ないのではないかと、やや極端な感想をいだいてしまうほどである。


posted by ヒゲジジイ at 02:32| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

鳥インフルエンザは人間の肺の奥に感染しやすい部分があるという河岡義裕・東大医科学研究所教授らネイチャー誌に発表!という報道

本日の読売新聞の朝刊で知った記事。

ネット上の最新ニュース報道でも伝えられているようだが、

要するに人のインフルエンザの受容体(細胞表面分子)は鼻から気管支に集中しているのに対し、鳥インフルエンザの場合は、気管支の先の肺胞に多いということがはじめて確認された、という報道である。

これが23日付のイギリスの科学誌ネイチャーに発表されるということであった。

ということは、感染すれば一気に肺炎ということなのだろう。

これじゃ〜〜銀翹散製剤(天津感冒片や涼解楽など)が主体どころではなさそうで、小陥胸湯系列や清肺湯系列の方剤を強烈に使用しなければならないことが予測される。

あくまで漢方処方や中医方剤で考えてみる頭の体操の段階ではあるが・・・・・、やはり相当手ごわい相手のようですね!

ただし、上記の読売新聞の報道だけではもう一つしっくり来ないので、ネットで調べたところCNN http://www.cnn.co.jp/ の報道が少し参考になった。

河岡教授らによると、現在のところ鳥インフルエンザに感染するときは肺胞部分であるから内部で増殖して外部には飛散しにくい。だから感染しにくいということだそうだ。

それゆえ爆発的に感染力を持つには
河岡教授は、高病原性H5N1型鳥インフルエンザウイルスの感染が拡大するには、変異が起こり、ドッキング部位がヒトのインフルエンザと同じになる必要性があると述べている。

ということだそうだ!

となれば、やっぱり銀翹散製剤(天津感冒片や涼解楽など)が主体の従来のインフルエンザにかなり近づくということが云えそうに思うが、どうだろう?
posted by ヒゲジジイ at 18:14| 山口 ☀| 新型インフルエンザ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

「SARSは温病ではなく,傷寒である」とうことらしいですね。

SARSは温病ではなく,傷寒である

ということだから、SARSこそ傷寒論医学が大活躍する場だったらしい。


ところで、今もっとも流行が恐れられている鳥インフルエンザこそ「温病」であろうと予測している。

温病なら扱いなれているので、インフルエンザでシバシバ用いる銀翹散製剤主体の方法でかなり通用するのではないだろうか?

咽喉腫痛からはじまるようであれば・・・・・・・?ということです。

具体的な自他覚症状の情報が入れば、直ぐにおおよその分析はできるはずだ。
posted by ヒゲジジイ at 18:55| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

風邪を引くと必ず咽喉腫痛と急性副鼻腔炎症状を併発して病院治療ではまったく無効な人達がいる

いつも書いているように、もともと隠れた慢性副鼻腔炎を持っているような人に多いが、風邪を引くと決まって咽喉腫痛に急性副鼻腔炎を伴って大変なことになる方が結構多い。

しかも何十日病院に通っても治らないときている。

そういう方たちは、不思議なほどに耳鼻咽喉科で鼻を洗ってもらってもまったく無効だという人もいる。

病院に40日も通い詰めても悪化の一途を辿って微熱も取れず、ほとほと困り果てて漢方を求めて来られ、あっけなく一週間で治癒した人は大変多い。

根本的には隠れた慢性副鼻腔炎が、風邪を引く度に大暴れするわけだから、蓄膿症を徹底的に治療すべきなのだが、急性期の漢方薬の効き目に味をしめて、風邪を引いたら直ぐにやって来られて短期決戦で治されるようになる。

だから根本的な蓄膿症治療をやろうと決意する人は一部の人に限られている。ムムッ

総じて、銀翹散製剤に辛夷清肺湯の併用を主体に、状況に応じて小陥胸湯加味方なども加える必要があるなど。

実に多いパターンである。

初期からこのパターンで発症する人もいる。
posted by ヒゲジジイ at 23:16| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

3月13日「3月8日:一ヵ月半続く咳嗽の続報」の4日後の結果

3月13日3月8日:一ヵ月半続く咳嗽の続報の4日後の経過報告である。

銀翹散製剤(天津感冒片)の1錠をトローチがわりに使用する方法は、魔法のようによく効くということで、内服の銀翹散製剤の散剤(涼解楽)の服用と相俟って既に5割以上の効能を発揮しているので、このままで続けたいということだった。

たとえば会話の途中で咳き込みそうになったら即1錠をトローチのように口に含んで噛み締めると、即座に咳嗽は治まるので、まるで魔法のようだということであった。

時々混じっていった黄色味を帯びた喀痰も減少しているので、辛夷清肺湯の併用の必要はなさそうであった。

まだ咽喉部の乾燥感は明らかに残っているので、西洋人参程度の潤いを与える食品レベルでも併用してほしいところだが、ご本人はまずまず良しとされているので、上記をそのまま継続ということになった。
posted by ヒゲジジイ at 17:22| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よせてはかえす波の音:温病条弁

コラムニストで月刊専門雑誌「室内」の編集長(兼経営者)であった故山本夏彦氏が、手を変え品を変えて同じことを繰り返し書かれていた。

それを山本氏みずからが「よせてはかえす波の音」と表現されていた。

今回はその伝であるが、それを他のブログからの引用でお茶を濁したい。引用文に使用するHTMLタグをここで使って見たいという目的も半分あるので。
漢方と漢方薬および中医学関連情報からの引用だが、このブログはアクセス数が少ないので、御紹介を兼ねて、下記のタイトル部分を全文引用させて頂く。(引用文のタグには「blockquote」というタグを前後に用いると以下のようになる。)


日本漢方には「傷寒論」があっても「温病学」がないのは致命的かもしれない

医療用漢方を含めて、日本漢方には「温病学」がない。

傷寒論・金匱要略は聖典として重要視しても、明(みん)から清代(しんだい)にかけて急速に発達した温病学を知らない。

だから呉氏の『温病条弁』を見向きもしない。

このため、一般の風邪だけでなくインフルエンザに対しても威力を発揮する温病に対する漢方処方が使用されることもない。

使用されるのは一握りの中医学専門の医師、あるいは特定の中医学・薬学を重視する薬局・薬店グループ関連で取り扱われるだけである。

お陰でシーズンともなると、たとえば銀翹散製剤は薬局・薬店で大量に売れることになる。
正しく使用すれば、そうとうな効果を発揮するからである。

初期に葛根湯証だの麻黄湯証であっても、ウイルスが強烈な場合は直ぐに温病に転じるのである。
こうなると葛根湯証や麻黄湯証ではないのである。

中医学では常識である「温病」の概念がないから、上気道に関連した急性疾患は、すべて傷寒と判断され兼ねないのが日本漢方の錯誤の最たるものである。

いまからでも遅くないから、傷寒論研究ばかりに労力を費やさずに、その半分の時間を「温病条弁」に向けるべきである。

このままでは「漢方医学」は日本の伝統医学であるなどと、胸を張っておれなくなる。

巷では、風邪に葛根湯という常識が既に崩れ始めている。

病院で貰った葛根湯が意外に効かないので、薬局にかけこんだら銀翹散製剤が出され、これであっさり治ってしまったという例があとを絶たない。

「傷寒論」は異病同治の模範を示したところに意義があり、「金匱要略」は同病異治の模範を示したところに意義がある。

「温病条弁」は現代人の急性疾患を含めて、多くの難病を解決するヒントがたくさん書かれている。

傷寒論・金匱要略のみならず「温病条弁」を学ばなければ、日本漢方の明日はないかもしれないのである。

さいわいに日本では唯一と思われる本書の解説書が医歯薬出版株式会社から出版されている。
神戸中医学研究会編著『中医臨床のための温病条弁解説』
                 (1998年発行 定価19,950円)である。
posted by ヒゲジジイ at 10:17| 山口 ☀| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

3月8日:一ヵ月半続く咳嗽の続報

抗癌剤の点滴治療入院中からはじまった激しい咳嗽に銀翹散製剤で著効?

の続報であるが、タイトルほどの著効とは言えなかった。タイトルに「?」をつけていて正解だった(笑)

銀翹散製剤(涼解楽)は、そのときお渡ししたのは4日分だったそうだ。

製品の取り出しに行ったり、あるいはレジを打ったりということが稀であり、相談業務をもっぱらとしているので、販売したのは一週間分とばかり思っていたが、12包入りで4日分の製品だそうだ。

本日再来されて、2日近く薬がきれていたが、また咳き込みがひどくなりつつあると言われる。

服用2日目でかなり効いてるなと思ったが、その後は平行線。

ただ最も悩ましかった咳嗽による頭痛は消失し、咳嗽の頻度も減ったものの、薬が切れた状態となって漢方薬服用前に比較して3〜4割り効いた程度の現状であるといわれる。

一ヵ月半以上も続いて、途中から悪化の一途を辿っていたので、やや高齢であることとサービス精神旺盛な方で、会話を楽しまれる毎日だから、奥様も話すから治らないのよ、とおっしゃるくらいである。

ご本人の感想では、「風邪を引いているなっと感じていた部分」はよく効いて消滅しているといわれる。

そこで、再び4日分の銀翹散製剤をお渡しし、同時に錠剤の銀翹散製剤(天津感冒片)をトローチ替わりに1回に1錠を1日3回併用することにした。

今回も薬局に入られる早々から咳き込み出していたので、すぐに錠剤をトローチ替わりに使用してもらったら即座に咳嗽は止まっていた。

4日間で5割は効いて欲しかったが、一日中発声しておられる方だから止むを得ないかもしれない。

本日も咽喉の乾燥刺激感を訴え、軽度の鼻づまりと昼間だけ黄痰が混じることきがあるので、軽度の肺熱を伴っていることは明らか。

それゆえ、麦門冬湯など人参含有の滋潤剤を投与するのは錯誤である。

いずれにせよ、軽度の肺熱と肺陰虚もみられるので、辛夷清肺湯の併用も考えたが、4日後の様子次第にすることにした。
posted by ヒゲジジイ at 21:43| 山口 ☁| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

傷寒論・金匱要略が大切なのは当然だが『温病条弁』に見向きもしない日本漢方に明日はない、といったら言い過ぎだろうか?

小生は長州生まれの長州人。

長州に生まれたことを誇りに思うように、日本人であることにはもっと誇りを持っている。

それだけに、日本が多くの点で日本人特有の勤勉さを発揮して、様々な分野で西洋文明に追いつき追いこせを実現してきたことにも誇りを持っている。

ところが、有形の目に見えるものには特異な能力を発揮する日本人が、こと無形の哲理になると、カラッキシ弱いことにどうしようもない歯がゆさを感じるのである。

哲学の領域にしても、極論すれば西田幾多郎以外には誰もいないのじゃないかと思われるほどである。多くは西洋哲学の紹介者にとどまっているように思えて仕方がない。

まあ、専門外のことだから単なる憶測に過ぎないのかもしれないが、専門の漢方薬の分野においては、日本の伝統医学といわれる「漢方医学」は、中国の古代医学の傷寒論・金匱要略ばかりをバイブルとするばかりで、清代にかけて急速に発達した温病学のバイブル『温病条弁』をまったく無視し続けているのが日本古方派や医療用漢方の現実である。

漢方の世界は、日本人の弱点である哲学理論と科学理論(構造主義科学)が融合した医学・薬学であるから、傷寒論や金匱要略に比べて、複雑な論理で構成される『温病条弁』を避け続ける日本漢方の不甲斐なさを感じないわけには行かない。

哲理に弱い日本人の弱点が漢方研究においても顕著に見られるのである。

さいわいに日本では唯一と思われる本書の解説書が、医師薬出版株式会社から出版されている。
神戸中医学研究会編著『中医臨床のための温病条弁解説』(1998年発行 定価19,950円)である。

原書に関しては、燎原書店さんや東方書店さんでかなり安価で容易に入手できる。

さきほど、テレビを見ていたら医療用漢方のコマーシャルで、漢方薬はインフルエンザにも使用されているように宣伝していたが、傷寒論医学主体の漢方処方のどの製剤がインフルエンザにそれほど有効だといえるのだろうか?

ブラックユーモアとしか思えない。

呉氏の『温病条弁』に記載される三焦弁証や衛気営血弁証なくして、漢方薬方剤としても「銀翹散製剤」なくして、どのようにして漢方薬でインフルエンザに対抗しようというのだろうか?

葛根湯や麻黄湯が、マウスなどの実験ではなくて、人間様の実際の臨床上で、本当に有効なものかどうか、もう一度検討しなおすべきではないだろうか?
posted by ヒゲジジイ at 15:30| 山口 ☁| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

抗癌剤の点滴治療入院中からはじまった激しい咳嗽に銀翹散製剤で著効?

某悪性腫瘍の肺転移に対する二度目の抗癌剤による点滴治療で入院中、風邪を引いてしまって葛根湯やルルなどの市販薬を服用するも、治癒しないまま一ヶ月半が経過し、ますます激しく、腹痛や頭痛を伴い、あまりの苦しさに当方の薬局へ訪れた。

病院での諸検査では、薬物性の間質性肺炎は否定され、一般の肺炎も見られず、当初あった微熱も消退しているので、風邪や咳嗽関連のお薬は出してもらえないので、葛根湯などの市販薬を購入して、入院点滴中の合間に適当に服用していたという。

隠れてこそこそしていたわけではなく、公然と病棟に風邪薬関係を置いて服用していたといわれるので、ハテナという感じもする。

抗癌剤の点滴治療も終えて退院後も、頑固な咳嗽が止まらず、いよいよ悪化し、咳き込むと腹痛や頭痛、昨今は頭痛がたまらなく苦しくなった。

来局時も盛んに咳き込んで苦しそうであったが、小生は常連さんの電話でのお問い合わせに応対中だったので、その間、スタッフの女性薬剤師が詳細に病状をお聞きしていたところ、咽喉の疼痛を伴った乾燥性の激しい咳嗽で、咳の発生源は胸部ではなく咽喉部であるとのこと。

すなわち初期の肺衛が犯されて肺気の宣発と粛降が撹乱された状態がそのまま継続していると判断し、銀翹散製剤の天津感冒片をわずか1錠だけをトローチ替わりに直ぐに使用してもらったのだった。

常日頃から話術の巧みな病人さんは、その間もおしゃべりし続けていたが、ピタリと咳嗽が止まって、その後30分以上、帰宅するまで一度の咳き込みも無いので、この方剤で間違いないだろうとて、エキス散になった「涼解楽」を4日分をお渡しした。


追記: この方の原発の問題など詳細はここで記すことは出来ないが、折々の当方の漢方薬の愛用者であったからこそ、かなり詳細な前後の病状を把握出来ていたからこそ、即座のご相談に応じることが出来たのである。
 もしもこれが初対面の新人さんであったら、前後の複雑な事情を把握するのに相当な時間を費やさざるを得なかったかもしれない。
 また、これが二十数年前の吉益東洞流の古方派時代であったなら、つまり日本漢方の考え方で、中医学方剤もほとんど輸入されていない時代であったら、大逆上気・咽喉不利の麦門冬湯(ばくもんどうとう)を呉投与していた可能性も大きいのである。
 麦門冬湯証にしても、銀翹散証が消退後に出現することも以前はよく見られたが、それも昨今、あまり見られなくなった。
 治りきる最後まで銀翹散製剤を主体にした方剤で済む場合がかなり多いような印象が強い昨今である。
posted by ヒゲジジイ at 17:04| 山口 ☁| 風邪・インフルエンザに対する漢方薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

常備薬を持っている常連さんは予防がバッチリ!

常備薬を所持されている常連さんは、年々風邪・インフルエンザ予防のコツを習得されて、今冬はいまのところ高熱を発した方はほとんどいなかった。exclamation

風邪を引いた時だけに銀翹散製剤を使って居られた方で、血液関係の疾患をお持ちの遠方の方が、38度を越えて地元の病院でタミフル等を使用して治療された。
8年ぶりの発熱であった。

常連さんのやっていることは、その多くの方が合成医薬品に滅法弱い人達であるから、風邪やインフルエンザの予防に余念がないから、虚弱体質を持ちながらも、かえって一般の人達よりも風邪をひきにくくなっている。

日本漢方に言わせれば皆さんの多くが「虚証」と判断されるような方達である。

かといって中医学では風邪を引きやすい人の体質改善薬としてよく用いられる玉屏風散(ぎょくへいふうさん)に六味丸を併用している方は誰もいない。

もともとの持病に対する漢方薬をそれぞれ服用されておられるので、かなり抵抗力も付いているのかも知れない。

常備薬を所持される常連さんにほぼ共通することは、微量の銀翹散製剤、たとえば天津感冒片の一錠や板藍根エキスを日々常用されている方達である。

これが最も優れた予防方法なのかもしれない。
posted by ヒゲジジイ at 01:54| 山口 ☁| お茶でもどうぞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。